コンセプト |池田市石橋・ いわて牛(門崎丑)専門焼肉店『和応』

CINCEPT / コンセプト

焼肉ダイニング『和応』はいわて牛(門崎丑)専門の焼肉店です。

いわて牛(門崎丑)牧場

焼肉ダイニング和応はいわて牛(門崎丑)専門の焼肉店。

牧場では約1200頭を肥育しており、その中から厳選したいわて牛(門崎丑)を牧場直接取引し、熟成している為、

脂身も上質で新鮮な美味しいお肉が提供できます。

和らいで落ち着いた空間で、美味しいお肉と料理を食べながら飲むお酒、大切な人や気の置けない仲間との語らい、

そんな飲食店の原点であるささやかな幸せをゲストの皆様が感じられる様、

応えたいとゆう思いで和応と名付けました。

焼肉ダイニング和応 店内風景1焼肉ダイニング和応 店内風景2

一貫生産で丈夫な丑を育て、濃い肉味に

一貫生産で丈夫な丑を育て、濃い肉味に一般的な牧場は「繁殖」と「肥育」を別で行っているのですが、当店の門崎丑は一貫生産です。

仔牛が母牛と共に過ごす期間を長く設定でき、母乳にて育てることにより厳しい環境でも耐えられる高い免疫力を付ける事が可能になります。

また、肥育期間とわけることにより、より肉味の濃い門崎丑ができるのです。

長期間大切に育て、熟成された旨味

長期間大切に育て、熟成された旨味門崎丑に限ったことではありませんが、一般的な豚肉と比較した場合、4倍以上もの期間を肥育に費やすのです。

同じ牛でもその種類によって肥育される期間が異なります。

門崎丑や松坂牛、前沢牛の黒毛和種は30ヶ月以上もの月日をかけ美味しさを追求しているのです。

肥育期間は長ければいいとゆうものではありません。黒毛和種だからこそ長期肥育によって旨みが増すのです。

牛の王様、黒毛和種

乳牛としてよく知られているホルスタイン種や、赤みが多い褐色和種などありますが、

「和応」が仕入れている「門崎丑」は松坂牛や前沢牛と同じ、和牛の中でも最高品種の黒毛和種です。

牛の王様、黒毛和種

PAGE TOP